今すぐにできる節税策があります。

                                                                   

「税金高いなぁ。なんとか安くできないものかなぁ」                                           

誰しもが当然に思う事です。                                                                    

節税や減税は誰かが勝手にやってくれるものではなく、制度を知り、それに合わせて自ら歩み寄らなければ実現しません。        

節税には簡単なものから難しいものまでありますが、制度を知ることが節税への第一歩になります。                                       

法人の節税策(例)                                                                        

項目内容
🔲 事前確定届出給与事前届け出で役員賞与も損金算入可能
🔲 出張旅費の日当規定の整備日当は経費算入&課税仕入れ&受取側非課税
🔲 経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)月額20万円まで毎月損金。40カ月以上経過で満額返金
🔲 社有車の購入事業用であることが要件。中古車なら最短1年で減価償却可能
🔲 従業員社宅従業員が社宅の一部負担をすることで損金算入可能
🔲 印紙税電子契約であれば印紙税は不要
🔲 生命保険の加入支払った生命保険料の一部は損金算入
🔲 短期前払費用の検討不動産の賃料やリース料・保険料などは前払いで費用計上できるものも
🔲 少額減価償却資産、一括償却資産30万円未満、20万円未満の固定資産は1年~3年で減価償却可能
🔲 期末棚卸実地棚卸で減耗、廃棄商品の確認。最終仕入原価の活用
🔲 税額控除の対象となる固定資産設備投資系の固定資産は税額対象となるものも。事前申請が原則のため注意
🔲 人材投資促進税制当の活用従業員の採用、給与UPに対して税額控除あり
🔲 貸倒引当金の設定個別評価、一括評価貸倒債権の整理。実質貸倒先の整理
🔲 イデコプラスの加入厚生年金の上乗せイメージ。会社負担額は損金算入OK

個人の節税策

項目内容
🔲 小規模企業共済月額7万円まで経費算入OK。受取時は原則退職所得なので非課税額が大きい
🔲 イデコ(IDECO)の加入          国民年金の上乗せイメージ。経費算入OK。受取時は退職所得
🔲 生命保険の加入最大12万円まで控除可能。住民税の減税効果もあり
🔲 地震保険の加入マイホームの地震保険。住民税の減税効果もあり
🔲 扶養控除毎月一定の仕送り&生計を一にしている親等を扶養に入れる
🔲 ふるさと納税限度額以内なら実質負担は2000円で30%相当の返礼品
🔲 医療費控除歯の矯正もOK。セルフメディケーションor低所得なら10万円以下でも適用可
🔲 住宅ローン控除耐震改修、バリアフリー改修、省エネ改修なども対象
🔲 自宅兼事務所自宅兼事務所なら経費の一部を費用計上OK。住宅ローン控除に注意
🔲 青色専従者給与配偶者への給与を費用計上OK。受取配偶者側は給与課税なので注意。
🔲 別生計親族への給与別生計親族への給与は費用計上OK。勤務実態があることが必須
🔲 人材投資促進税制当の活用従業員の採用、給与UPに対して税額控除あり