相続税の申告業務

こんなことありませんか?

家族・親族が亡くなったが、相続税の申告が必要なのか?

税務署からお尋ねの書類が届いているが、どうすれば良いか?

相続税はかからないと思って何もしていないが、本当に大丈夫だろうか?

ご家族等が亡くなった場合、残された相続人等は相続税の申告・納付をしなければいけない場合があります。
この場合、亡くなった日から10か月以内に申告と納付を完了する必要があります。

相続税の申告と納付のためには、財産及び債務の確定及び評価、相続人による遺産分割協議、相続税の納付のための換価などを行う必要があります。
これらの手続きは不慣れな作業である事やご家族を亡くした精神的から作業が進まないことが多くあります。
そのため10か月以内という申告期限までのスケジュール管理が非常に重要になります。

税理士おおむら事務所ではタイムスケジュールを初回にご案内のうえ、必要な手続きをご案内いたします。
また申告・納付や法務手続きに不慣れな方にもご安心いただけるよう、丁寧なご案内・説明を心掛けております。

相続税は所得税の確定申告と違い、複雑な評価方法、多くの特例、相続人による遺産分割協議、法務手続きなどが発生することから
相続人ご自身での申告は困難になることが多くあります。
まずは幣事務所にご相談ください。ご相談はすべて無料です。
相続税の申告義務があるかどうか、簡単な診断で必要な手続きをご相談いただけます。