相続税の簡易シミュレーション

相続においては「相続人が円滑に遺産分割協議を行うことができるか」が重要ですが、
それ以外にも「相続税がかかるかどうか」という事も重要になります。

相続税がかかる場合、申告と納付を10か月以内に行う必要があるため、時間的な制約が発生します。
相続税がかからない場合、時間の制約はないため、相続人同士で納得いくまで、いくらでも話し合いができます。

また相続税がかかると見込まれる場合において、相続税率が何パーセントなのかも重要になります。
相続対策で行う生前贈与などの行為は、相続税率と贈与税率等を比較した上で検討しないと、
効果がないばかりか逆に損になってしまうことがあるためです。

税理士おおむら事務所では簡易な相続税額の試算を行っております。
またその結果より導き出される一般的な相続での留意点やトラブルの事例を簡単にご案内差し上げております。

「相続の事をご家族で話し合う前に、状況を簡単に把握しておきたい」
「自分の財産債務を整理しておきたい」
「子供たちにいくら残せばよいのか、目安を知りたい」
このようなご希望に沿うサービスとなっております。